2019/04/27//Sat.
一日中映画を見る日にするわ
choshi1906.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 今日はお休み。
 どうも体調も天候もすぐれないし、混雑しているところへ出かける趣味がないので、家で(他人のアマゾンプライムで)映画を見まくることにしました。
 それにどんな意味があるかわからんが、とにかく腹をくくってみたわけです。
 映画は嫌いじゃないので、いっぱい見たい。
 以下、今日見た映画の短評。


続き...
2019/03/26//Tue.
春を背景に、じっと見る猫の図
boso1911.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 まじめに遊んでまじめに働いたら、つかれてしまったよ。


 コンクリートの打設中にへそを曲げたクレーン屋が帰ってしまう、打設の作業が中断したら何もかもぶち壊しだと青くなってガラケーで呼び戻そうとするも、そいつの電話番号が入っていず、何か手立ては無いか、いてもたってもいられず歩き回っていると、いつの間にか中国中北部の街並みを歩いている。
 よく考えたら、コンクリート打設にクレーン屋なんか必要ないじゃん。

 ……と、そういうような前職の夢までみました。
 春、3月もじき終わり。


2019/01/20//Sun.
雪、スコップ、草刈機の刃、猫/類推の山
aizu1924.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 予想外のきっかけを産んでくれるため、誤解されやすいという点を除けば、「何々が好きだ」と公言することは良いことだと言えるのではないでしょうか。
 と、そういうわけで、ある方面から「ペンタックス K-1」がでっかく描かれたトートバッグを戴いたのですが、これが非常に使い勝手がいい。
 いや、それは形状的・物体的な話であって、象徴的・精神的にはこういう物、楽しい目的にしか使えません。
 こんなのに法定調書や伝票を入れる気にはとてもなれない。それが正常というものです。
 かくして、愉快なるものを入れる専用バッグが出来上がりました。
 ノート、別のノート、また別のノート、ふで入れ、ツーリングマップル、巨樹の本、読みかけの本、それとはまた別の読みかけの本。
 当のK-1はとてもじゃないが入らないサイズであることを注記しておきたいと思います。


 昨晩は、読みかけだったルネ・ドーマル「類推の山」を最後まで行ったんですがね。
 主人公が妄想した「すごい山」を雑誌に発表してみたところ、「私もその山を知ってる」という奇特なおっさんが現れ、するとあれよあれよ、「無いという証拠が全く無いとは言えないから絶対に在る」という(屁)理屈の上に登山隊が結成されてしまい、長い船旅の末に次元の壁すらも超え、実際にその山に登るという……。
 全体的に「どこか元気の出る」と評されるへんてこりんな本なんですけどね。
 しかし、なんということか、衝撃の蜜柑……もとい、未完。
 作者が亡くなってしまったことが悔やまれますが、色んな意味で印象に残る本となりました。

2019/01/16//Wed.
雪山と猪と私の肋骨
aizu1909.jpg
K-1 mark2 / FA35mmf2

 猪がやって来たので、あっ、猪じゃん! おーい! とか呼んでみたんですが。
 待ち合わせか何か、大事な用事があるらしく、一度バカを見るような一瞥をくれただけで去って行きました。


 この甲子のアイスバーンでコケた時に胸を強打したんですが(正確には左腕が下に入った)、なんだかまだ痛え。
 あばらが折れてるかもしれないなあ。
 でも、「鼻をかむと痛いので、折れてるかもしらん」と、お母さんに言ってみたところ、

「もしあなたのあばらが折れているとして、私にもあなたにも、できることは何もありません」

 という、どこか聖書に出てくる託宣の一文のような言葉が返って来、考えてみればそれもそうなので、くよくよ考えることはやめました。
 それに、本当に折れていれば、こんな悠長なことは言ってられないでしょう。
 朝起きてみたら、ダメージすもものような変な色になっていたり、Bカップくらいになっていたり(俺があいつで?みたいな展開)、そういうことも別にないのです。
 スペアリブをうまいうまいって喰えるくらいの余裕もある。

 しかし昨日、床屋さんに行ったところ、眼鏡を奪われて視野が全く無い中、お顔剃りとかしてくれる姉ちゃんがすごい力で指圧を始めたので、
「あっ、左側はやめて!」
 と情けない声を出してしまいました。
「あばらが折れているかもしれないの」
「それは大変ですね!」

 お会計の時にちゃんと見たら、すごい美人なお姉さんでした。
「あばら骨をお大事に!」
 とか言って、なんだかとても嬉しそうでした。


2018/09/24//Mon.
蛙の哲学
kasumigaura1810.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

(やはり、あれであろうか……お昼に大盛りの皿うどんを食べてしまったので、晩は軽く、卵かけご飯とかにするべきであろうか……)


2018/09/08//Sat.
踏むな猫
kasumigaura1805.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 お外で仕事中です。コーヒー飲みすぎた。
 相変わらず怪談を聴きながら作業していますが、ちょっとばかり飽きてきました。
 なんというか、テンプレート? 似たようなお話が多いわけですね。
 まあ、何事にもそういうもので、その中にポンと異質な傑作が出て来ると、際立って面白く感じるというもの。
 それが良くってやっているわけですね、娯楽は。

 そういえば、最近は大抵のホラー映画も怖く感じなくなってきた、これはやはり歳なのか。
 そう話すと、親切な方は「何々が一番怖いよ! 見てみて!」と勧めてくれるのですけど、待って。
 「怖い映画」と「嫌な映画」は別物だよ。
 怖さはある意味快感に近い側面があるけど、嫌さは言うまでもなく不快感だから。
 嫌なものは嫌なわけだから、見ない。でしょ?
 ……そういう、めんどくせえところもやはり、歳なのか。

 なんでこんな話してるんでしたっけ?

2018/09/06//Thu.
猫サンとじりじり
kasumigaura1806.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 朝起きてテレビをつけたら北海道の大地震のニュース。
 巨大台風が行ったばかりなのに……いや、その前の水害のこともまだまだ片付いていないはずなのに。
 嬉しいニュースも朝イチであって、本当はうきうきした気分だったのですけど、仕方ない。
 これを考えると、あのとんでもない南海トラフ地震や富士山の噴火も本当に起こるんだと思えてくる。
 用心はしておいたほうがいい。
 しかし、やりたいことはできるうちやっておく、それも大事だと思う。 


[TOP] next >>



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
この人

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、
無計画な遠出の紀行文が色々あります。
いつもどこかで何かしら変なことが起きます。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」一覧


ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

K-1 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
DP2Merrill 
OtherCamera 
FA35mmf2 
Flektogon20mmf2.8 
smc-m20mmf4 
smcTakumar105mmf2.8 
K-7 
MX-1 
CZ・Ultron50mmf1.8 
Distagon35mmf2.8 
Pancolar80mmf1.8 
Flektogon35mmf2.4 
DA21mmf3.2 
Sigma28mmf1.8 
OptioA30 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
smc-m28mmf2.8 
Pancolar50mmf1.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//