先に晴れててもいい

IMGP7526.jpg
K-1 mark2 / FA35mmf2

 空が晴れてなければ、晴れの絵を描いてもいい。
 なにも、晴れるのを待ってる必要もない。


 抜歯のその後。
 経過としては良好なものの、2日目が一番腫れました。
 口がよく開かないし、結局力技で切ったり縫ったりしたのか、食事すると痛い。
 結局、本日も流動食みたいなものでカロリーを摂っていますが、何の気無しに体重計に乗ったら、2キロの減量に成功!
 ウワアイ。
 このままもう少し絞ろうかな。
 そんで……そんでもって、口ィ動くようになったら、カツ丼とチャアシュウ麺同時に食っちゃう。

四国巨樹探訪旅 高知の巨樹旅の始まり

shikoku2093.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 これ、いい写真だな。
 なんで載せなかったんだ?

 ……ってことで、前述の国の特別天然記念物「杉の大杉」に念願かなって初対面を果たした巨樹愛好家の図。
 お二人に一歩出遅れた狛は、うわっ、あれっ、とか、背伸びして撮っていました。
 すごい着手速度だった。

バッシーちゃん

IMGP7481.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 アメリカンドッグのおばけ。


 いやあ、さっき、口腔外科で親知らずを抜いてきまして。
 変な生え方をしている歯らしくて、さんざマシーンや力づく系でアレされたあげく、指の太い先生、
 「あのね、これ、かなり痛いかもしれない……」
 という告白、嫌ですよねえ。

 お肉や神経をだいぶ切除せねばならなかったのか、麻酔が切れると、生きてるってすごい! って感じの痛みが来るらしいので、もちろん痛み止めを処方してもらう。
 近所のウェールシアーで受け取ろうとしたら、いかにもしょぼい、小さい錠剤がちょびっとしか出てこなくて、
 「あんかこれ、ふくなくねえふか?(なんかこれ、少なくないっすか?」
 と、抗議するも、要はロキソニンらしく、もっと欲しかったら買いに来いとのこと。ふうん。

 麻酔して自分で運転できる気がしなかったので、暇そうだった父に送り迎えしてもらいましたが、戻ってくるとまさにお昼。
 しかし、なんだって、当分ストローで血の味のおみずをチルチル飲むくらいしかできなさそうな家族の前で、日清のカレーヌードルなんてものをうまそうに食うんだ、あなたは。
 
 そんなこんな、どっと疲れたし、ちょっと休みがてら、昨晩ずっとこねくり回してた旅日記のアップでもしますか……とブログを開いたら、夢だったみたいにぜんぶ消えてた。
 踊るような日常。

巨樹を訪ねる 杉の大杉

shikoku2069_201908162046411ce.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 四国巨樹探訪旅も徳島から高知へと移りましたが、一発目で最大のカリスマに挑戦する運びとなりました。
 天然記念物の中の国宝、国の特別天然記念物に指定されている超弩級の巨大杉。
 「杉の大杉」です。

四国巨樹探訪旅 高知市の夜、おたのしみ会

shikoku2073.jpg
K-1 mark2 / FA35mmf2

 高知でナンバーワンのホテルにチェックインを無事果たし、車にもよく休むように言って別れた我々は、さっそうと高知の町に繰り出します。

 ……なんて、間が空いてしまってすみませんねえ。
 続きものなんですよ。いちおうね。

我々の夏休み

IMGP8720.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 うーん、夏休みにしたほうがいいな。
 まあ、いつも夏休みみたいなことをしてるじゃねえかというお声もありましょうけど、昨日は特に夏休みっぽかったですよ。

 今年もto-fuさんが茨城においでになったので、じゃあ巨樹見に行こう巨樹、ってことで、他地方の方が滅多に行けないであろう県北部のプランをいくつか立案。
 すると、to-fuさん、よりによって一番ハードなやつを選ぶじゃありませんか。
 この人は、すげえな。

お盆と巨樹

hasaki1915.jpg
iPhone7

 今朝は朝5時台からおとうさんがギターを弾きだして、そのぺらぺらいうフレーズのせいで起きてしまい、寝不足なのですが、お盆なので、銚子までお墓まいりに行ってきました。
 その間、ばあやさんが留守番しておるところへ坊さんが念仏をあげに来るというシフト。
 話によると、若い女の子の坊さん(尼さん?)が車で来て、念仏してったそうです。
 なんか面白いもんだな。