微々たる日々

IMGP8981.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 また久しぶりの更新になってしまいました。
 まあ、ぼちぼちやりますかな……。
 忙しくない程度に仕事を転がしつつ、部屋で文章をひねくる趣味が面白くなってしまい、一日の短さを実感する日々です。
 一度鍋に火を入れると煮詰めたくなってくるもんで。
 すっげえお金使わない趣味。いかん、このまんまじゃお金溜まっちゃ──わねえな、ほとんど。
 残念だ、残念だ。

秋景

IMGP8971.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 日中、日なたは気持ちよいですが、スポーンと日が暮れると足が冷たいです。
 どんどん冬用装備がアンロックされてゆきます……。


 コップとかエスディジーズとか、ようやく環境に目が向くようなニュースが出てきてますが、地球はもうこれ……。
 「次のニュースです」と場面が切り替わると、岸田サンが「えー、所得上げて消費活性化!」とか言ってる。
 ……ダメなんじゃないかなあと思うんですが。
 これまで以上に働きまくって消費しまくる。で地球は今すぐ守ろうって、無茶苦茶だろ。
 日本だけでもいい、こぢんまりと優しく生きることはできないのであろうか。
 例えば世界経済10位になったところで、貧しくて侘しいのであろうか。
 なめられてミサイルを撃ち込まれるのであろうか。
 永久に成長し続けなければいけないなんて、呪いの他、何物でもないのだが……。

不動心

IMGP8978.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX D FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR / 雅

 超広角で撮ると、いかにも深山に埋もれたかつての信仰を再発見したかのような大袈裟エモーションが発生しますが、普通にお寺の敷地内で撮りました。
 「雅」の色づくりはどこか濁ってるしわざとらしいんですが、好きです。
 わざとらしくていいでしょ。表現なんだから。
 森山大道だってわざとらしいし。
 兵士が被弾した写真を戦場で撮ったって人もいたけど、やらせだって言うし。

 そういえば、シュルレアリスム展でマルセル・デュシャンが出品した便器「泉」ですが、一個どっか行っちゃったらしいんですよ。
 とか、そういう話はいかがですか。

重レンズと紅葉

IMGP8974.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX D FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR / 雅

 夕方のニュースで東北の紅葉を特集するコーナーがほとんど毎日あり、そろそろ良いだろ……と近場に。
 せっかくなので、ベヒーモス級(15-30mm/f2.8)を持って行きました。
 というか、ほぼこれだけで撮ってましたね。楽しかった。
 軽量便利な28-105mmでも不満はないんですが、久しぶりに使った重レンズの描写はやはりちょっとすごい。
 やりすぎ感を感じさせてくれるところが良いです。


 何発も地雷が仕掛けられたお役所参拝に辟易しつつ……あ、まあ、仕事以外の手続きなんですけどね。
 活動についても考える日々ですが、とりあえず今年はこのまま終わっていくかな……という感じです。
 感染者数今更最高値更新の欧州の追従をせず、緊張がほぐれて、また無茶できるようになればいいなあ。
 うーん、やっぱり、やりたいのは多少の「無茶」なんだと思います。「阿呆」でもいい。

忍び寄るあいつ

IMGP8813.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX D FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR

 東北の秋といえばこいつ……。
 なんでこんないっぱいいるんですかね。
 家のそばは蚊が少ない、ゴキもアシダカグモも両方いない……しかし、こいつがとてもいる。
 なんなんだおまえは。
 あっちへいってくれよ。

秋は短し

IMGP8786.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX D FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR

 あっという間に季節が進んでいく感じがあります。

 制限解除を経て、思った通り年末に向けて忙しくなってきました。
 作業頑張りますけど、年末商戦とかほんとにできるんだろうな……。

 最近、一日が短いって体感もあります。
 まあ、一生懸命生きてるという自己評価をしとこう。
 なんか、無闇に疲れてるのは納得いかないんですが。
 はっ、まさかカロリー不足か!?

変節の虹

IMGP8826.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 雨の後に出るから、虹って言うんだよ。


 ……と、一聴すると含みがありそうで、実は全く意味がないことを呟いてみる。
 お天気雨が増えてきまして、虹を見る機会も多いです。季節の変わり目だなあと感じますね。
 古代の人は虹を見て何か大きな変化が起きる前兆と捉えたようですね。
 アボリジニは虹をユルルングルというでかい蛇だと言っていたようで、眠りを邪魔すると洪水を起こすという。
 古代中国の蚩尤旗という赤い光は……あれは、赤いオーロラか? 太陽黒点の影響であったのだろうか。
 だいたい、天候現象なのに漢字が虫偏ですからね。(鰐ってなんで魚偏なんだよ……)。

 今日は土砂降りですが、世間は衆議院選まっただなかですね。
 期日前投票をきっちり果たしてきましたので、あとはどうなるものか見守るのみ。
 今回の選挙はいつもと雰囲気が少し違う気もしますし、多少興味はあります。
 きれいな虹が見られますように。